コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内裏雛 ダイリビナ

デジタル大辞泉の解説

だいり‐びな【内裏×雛】

雛人形の一。天皇皇后をかたどった男女一対の雛人形。内裏様内裏 春》
[補説]男性の人形のみを指して「内裏」「お内裏様」と呼ぶのは誤り。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だいりびな【内裏雛】

天皇・皇后の姿に似せた男女一対の雛人形。三月三日の雛祭りに最上段に飾る。内裏様。内裏。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内裏雛
だいりびな

天皇・皇后の姿になぞらえてつくられた男女一対の雛人形。内裏様、親王雛ともいい、内裏(御所)の貴人の姿態、風俗を人形に仕立てたのでこの名がある。江戸時代、紙雛にかわって現れた衣装雛で、ほとんどが裂(きれ)製の座り雛。雛は衣冠束帯(いかんそくたい)、笏(しゃく)を持ち、女雛は五衣(いつつぎぬ)に緋袴(ひばかま)姿、檜扇(ひおうぎ)を持つのが普通で、雛段の最上段に飾る。衣装雛のほか、木目込製、土焼き製、練り物製などが郷土玩具(がんぐ)として各地にある。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の内裏雛の言及

【雛人形】より

…江戸中期から,女子の初節句を祝う行事となって,雛段に飾る雛人形の贈答も盛んになった。雛段がまだ一般化されない以前には,毛氈などの上に紙雛と内裏雛だけを並べるのがほとんどであったが,段飾が様式をととのえてくるにしたがい,江戸末期には雛段の最上段に内裏雛を置き,階下の段に付随する諸人形を飾った。雛人形はこの雛段に飾る人形の総称である。…

※「内裏雛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内裏雛の関連キーワード人形(にんぎょう)次郎左衛門雛長浜人形垂水人形親王飾り三段飾り座り雛雛祭り玩具男雛女雛

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内裏雛の関連情報