垂水市(読み)たるみず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「垂水市」の解説

垂水〔市〕
たるみず

鹿児島県中部,大隅半島西岸にある市。1955年垂水町と牛根村,新城村の 2村が合体,1958年市制。中心市街地の垂水は中世初頭から垂水城の城下町としてこの地方の行政中心地。明治初期にも郡役所が置かれた。市域大部分高隈山地の西斜面にあり,鹿児島湾沿岸の狭い沖積平野では,エンドウの早期栽培や,ミカンポンカンビワなどの果樹園芸が盛ん。海潟漁港ではカンパチ,牛根漁港ではブリ,桜島口ではタイ,ハマチの養殖が行なわれる。中部には眼前に桜島を望む海潟温泉があり,霧島錦江湾国立公園に属する。猿ヶ城渓谷,高峠高原など景勝地が多い。垂水港と鹿児島市の鴨池港との間にフェリー就航。国道220号線が通る。面積 162.12km2。人口 1万5520(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android