垣衣恋写絵(読み)しのぶぐさこいのうつしえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

垣衣恋写絵
しのぶぐさこいのうつしえ

歌舞伎の所作事。常磐津浄瑠璃の曲名。通称『荵売 (しのぶうり) 』。また『双面 (ふたおもて) 』ともいう。安永4 (1775) 年江戸中村座の『色模様青柳曾我』2番目に初演。宝暦 12 (62) 年の先行作をふまえて,1世河竹新七が書きおろしたもの。大日坊の亡霊 (1世中村仲蔵初演) が荵売の女の姿にやつして双面の所作を演じる。女方の娘道成寺を模して構成され,鐘入,押戻しが付けられる。のちに4世市川団蔵のために奈川七五三助が大日坊を法界坊に脚色し直したものが伝わる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android