コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埃及 エジプト

大辞林 第三版の解説

エジプト【埃及】

アフリカ北東端部とシナイ半島を占める共和国。1517年からオスマン帝国の支配を受けたが、1882年イギリス保護領となり、1922年王国として独立。52年自由将校団のクーデターにより王制を廃し、翌年共和制に移行。砂漠が広く、人口はナイル川流域に偏在している。北東部にスエズ運河がある。古代エジプト文明の発祥地で、ピラミッド・スフィンクスなど遺跡が多く、世界有数の観光国。石油・綿花・米などを産出。住民の大部分はアラブ人。首都カイロ。面積100万1千平方キロメートル。人口7400万( 2005)。正称、エジプト・アラブ共和国。 〔「埃及」とも当てた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

埃及の関連キーワード明石 国助木村鷹太郎東海 散士石山 徹郎東海散士高話渾融髣髴救正

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android