コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エジプト エジプト Egypt

翻訳|Egypt

2件 の用語解説(エジプトの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エジプト(Egypt)

アフリカ北東部の共和国。首都カイロ。国土の多くは砂漠で、ナイル川流域で綿花・サトウキビなどを栽培。スエズ湾岸などから石油も産する。古代文明の発祥地で、ピラミッドなどの遺跡が多い。1922年王国として独立。1953年共和国となり、1958年アラブ連合共和国、1971年エジプトアラブ共和国に改称。人口8047万(2010)。ミスル
[補説]「埃及」とも書く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

エジプト【埃及】

アフリカ北東端部とシナイ半島を占める共和国。1517年からオスマン帝国の支配を受けたが、1882年イギリス保護領となり、1922年王国として独立。52年自由将校団のクーデターにより王制を廃し、翌年共和制に移行。砂漠が広く、人口はナイル川流域に偏在している。北東部にスエズ運河がある。古代エジプト文明の発祥地で、ピラミッド・スフィンクスなど遺跡が多く、世界有数の観光国。石油・綿花・米などを産出。住民の大部分はアラブ人。首都カイロ。面積100万1千平方キロメートル。人口7400万( 2005)。正称、エジプト・アラブ共和国。 〔「埃及」とも当てた〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エジプトの関連キーワードコンゴ共和国ダオメー中央アフリカ共和国ベナンコンゴ南アフリカ蘇丹南アフリカ連邦カニエリンポポ[川]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エジプトの関連情報