コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埋む ウズム

デジタル大辞泉の解説

うず・む〔うづむ〕【埋む】

[動マ五(四)]
うずめる。うめる。
「(煙草盆ニ)火が―・んであって」〈梶井城のある町にて
「山はくづれて河を―・み」〈方丈記
気をめいらせる。物思いに沈ませる。
「思ひやるながめも今は絶えぬとや心を―・む夕暮れの雲」〈夫木・三六〉
[動マ下二]うずめる」の文語形

う・む【埋む】

[動マ下二]うめる」の文語形。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うずむ【埋む】

( 動四 )
うずめる。うめる。 「汀ちかく-・ませ給へるを/源氏 梅枝」 「不二ひとつ-・み残して若葉かな/蕪村句集」
元気をなくさせる。物思いに沈ませる。めいらせる。 「心を-・む夕暮れの雲/夫木 36
( 動下二 )

うむ【埋む】

( 動下二 )
うめる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

埋むの関連キーワード萩原虎六穴・孔棘の路物思い清岡静夕暮れ群田鶴可惜し草莱月性青山

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android