コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埋める ウズメル

4件 の用語解説(埋めるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うず・める〔うづめる〕【埋める】

[動マ下一][文]うづ・む[マ下二]《四段活用の「うづむ」が変化して、室町時代ごろから用いられた》
土の中などに物を入れ込んで外から見えないようにする。うめる。「金塊を―・める」
物に覆われて外から見えない状態にする。うずまるようにする。「マフラーに首を―・める」
ある場所を、物や人でいっぱいにする。「スタンドを―・めた大観衆」
低い所やくぼんだ所などに物を詰めてふさぐ。うめる。「壕(ごう)を―・める」
損失や不足などを補う。うめる。「赤字を―・める」「余白を―・める」
埋(う)める[用法]

う・める【埋める】

[動マ下一][文]う・む[マ下二]
ある部分・範囲を物でふさぐ。
㋐くぼんでいるところに物を詰めて、くぼみをなくす。「城の堀を―・める」
㋑穴などに物を入れ、上に何かをかぶせて見えなくする。うずめる。「壺を庭に―・める」「火種を灰に―・める」
㋒人や物である場所をいっぱいにする。みたす。うずめる。「観衆が会場を―・めた」
㋓不足や損失を補う。「赤字を―・める」「空白を―・める」
水などを加えて温度を下げたり濃度を薄めに整えたりする。「風呂を―・める」
[用法]うめる・うずめる――「土で穴をうめる(うずめる)」「小判を入れた瓶(かめ)を地中にうめる(うずめる)」など相通じて用いられるが、「うめる」はくぼみや穴などを何かでふさぎ満たす意が強く、「うずめる」は空いた所を何かですっかり覆うようにする意が強い。◇「スタンドをうずめた観衆」「町を緑でうずめよう」など、ある場所を何かでいっぱいにする「うずめる」は、「うめる」で置き換えられなくはないが、隅々までびっしりという感じを表す場合は「うずめる」を用いるほうが適切。◇逆に、「余白をうめる」「欠員をうめる」など、欠けている部分を満たす意では、「うめる」のほうが一般的である。◇「湯をうめる」「損失をうめる」は「うめる」に特有の、「恋人の胸に顔をうずめる」は「うずめる」に特有の用法で、この場合両語を置き換えることはできない。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うずめる【埋める】

( 動下一 ) [文] マ下二 うづ・む
物の上や周囲を他の物でおおって、見えないようにする。 「炭を灰の中に-・める」 「顎あごを襟に-・める」 「山野ノ土ノ中ニ-・ムル/天草本伊曽保」
穴などに物を詰めてふさぐ。 「池を-・める」
隙間が残らないようにもので満たす。 「会場を-・めた大観衆」 「バックを花で-・める」 〔四段動詞「うずむ」が中世末期から下二段にも活用するようになって生じた語〕
[慣用] 骨を-

うめる【埋める】

( 動下一 ) [文] マ下二 う・む
穴などのくぼんだ所に物を詰め平らにする。 「穴をパテで-・める」 「運河を-・める」
地中に入れて見えなくする。 「水道管を-・める」
上や周囲を他の物でおおって見えないようにする。うずめる。 「火を灰に-・める」
人や物がたくさん集まり、それ以上入れない状態になる。みたす。うずめる。 「会場を-・めた群衆」
他のものをあてはめて、欠けた部分をなくす。ふさぐ。 「余白をカットで-・める」
損失・不足などを補う。 「赤字を-・める」 「新人募集をして欠員を-・める」
水を加えてぬるくする。また、薄める。 「お風呂を-・める」 「酒ニ水ヲ-・ムル/日葡」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

埋めるの関連キーワード赤める皺める高める弛める泊める悩める温める低める平める辞める

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

埋めるの関連情報