コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埋める ウズメル

4件 の用語解説(埋めるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うず・める〔うづめる〕【埋める】

[動マ下一][文]うづ・む[マ下二]《四段活用の「うづむ」が変化して、室町時代ごろから用いられた》
土の中などに物を入れ込んで外から見えないようにする。うめる。「金塊を―・める」
物に覆われて外から見えない状態にする。うずまるようにする。「マフラーに首を―・める」
ある場所を、物や人でいっぱいにする。「スタンドを―・めた大観衆」
低い所やくぼんだ所などに物を詰めてふさぐ。うめる。「壕(ごう)を―・める」
損失や不足などを補う。うめる。「赤字を―・める」「余白を―・める」
埋(う)める[用法]

う・める【埋める】

[動マ下一][文]う・む[マ下二]
ある部分・範囲を物でふさぐ。
㋐くぼんでいるところに物を詰めて、くぼみをなくす。「城の堀を―・める」
㋑穴などに物を入れ、上に何かをかぶせて見えなくする。うずめる。「壺を庭に―・める」「火種を灰に―・める」
㋒人や物である場所をいっぱいにする。みたす。うずめる。「観衆が会場を―・めた」
㋓不足や損失を補う。「赤字を―・める」「空白を―・める」
水などを加えて温度を下げたり濃度を薄めに整えたりする。「風呂を―・める」
[用法]うめる・うずめる――「土で穴をうめる(うずめる)」「小判を入れた瓶(かめ)を地中にうめる(うずめる)」など相通じて用いられるが、「うめる」はくぼみや穴などを何かでふさぎ満たす意が強く、「うずめる」は空いた所を何かですっかり覆うようにする意が強い。◇「スタンドをうずめた観衆」「町を緑でうずめよう」など、ある場所を何かでいっぱいにする「うずめる」は、「うめる」で置き換えられなくはないが、隅々までびっしりという感じを表す場合は「うずめる」を用いるほうが適切。◇逆に、「余白をうめる」「欠員をうめる」など、欠けている部分を満たす意では、「うめる」のほうが一般的である。◇「湯をうめる」「損失をうめる」は「うめる」に特有の、「恋人の胸に顔をうずめる」は「うずめる」に特有の用法で、この場合両語を置き換えることはできない。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うずめる【埋める】

( 動下一 ) [文] マ下二 うづ・む
物の上や周囲を他の物でおおって、見えないようにする。 「炭を灰の中に-・める」 「顎あごを襟に-・める」 「山野ノ土ノ中ニ-・ムル/天草本伊曽保」
穴などに物を詰めてふさぐ。 「池を-・める」
隙間が残らないようにもので満たす。 「会場を-・めた大観衆」 「バックを花で-・める」 〔四段動詞「うずむ」が中世末期から下二段にも活用するようになって生じた語〕
[慣用] 骨を-

うめる【埋める】

( 動下一 ) [文] マ下二 う・む
穴などのくぼんだ所に物を詰め平らにする。 「穴をパテで-・める」 「運河を-・める」
地中に入れて見えなくする。 「水道管を-・める」
上や周囲を他の物でおおって見えないようにする。うずめる。 「火を灰に-・める」
人や物がたくさん集まり、それ以上入れない状態になる。みたす。うずめる。 「会場を-・めた群衆」
他のものをあてはめて、欠けた部分をなくす。ふさぐ。 「余白をカットで-・める」
損失・不足などを補う。 「赤字を-・める」 「新人募集をして欠員を-・める」
水を加えてぬるくする。また、薄める。 「お風呂を-・める」 「酒ニ水ヲ-・ムル/日葡」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

埋めるの関連情報