城ノ口みゑ(読み)じょうのぐち みえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

城ノ口みゑ じょうのぐち-みえ

1917-2003 昭和-平成時代の染織家。
大正6年1月2日生まれ。伊勢型紙を補強する糸入れの技法を母について習得,昭和30年人間国宝に認定された。生地の三重県鈴鹿市がおこなう伊勢型紙伝承者養成事業の講師として,糸入れ技法の保存と振興につとめた。平成15年1月16日死去。86歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android