城輪柵址(読み)きのわのさくし

精選版 日本国語大辞典の解説

きのわのさく‐し【城輪柵址】

山形県酒田市城輪・大豊田・刈穂にある古代城柵の跡。昭和六年(一九三一)発掘。柵は一辺がほぼ七二〇メートルの正方形をなし、各辺の中間部に八脚門、四隅に櫓(やぐら)、中央部には四棟の建物跡がある。出羽柵址とする説や出羽国府跡とする説もある。国史跡。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の城輪柵址の言及

【山形[市]】より

…山形県中央東部に位置する県庁所在都市で,県下一の商工業都市でもある。1889年市制。人口25万4488(1995)。山形盆地の南部に位置し,南は上山(かみのやま)市,北は天童市に接し,市域の東部は蔵王山頂を含む奥羽山脈,西は白鷹丘陵の山地である。奥羽山脈から西流する立谷(たちや)川や馬見ヶ崎(まみがさき)川は盆地東半に扇状地を形成し,中央平野部を北流する須川に注ぐ。気候は内陸性で気温の較差は大きいが,積雪量は年平均20~30cmで県内平地では比較的少ない。…

※「城輪柵址」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android