コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

域内市場白書 いきないしじょうはくしょCompleting the Internal Market

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

域内市場白書
いきないしじょうはくしょ
Completing the Internal Market

1985年6月に EC委員会から発表された域内市場統合の行動計画。 (1) 物理的障壁撤廃,(2) 技術的障壁の撤廃,(3) 財政的障壁の撤廃の3部から構成されており,市場統合のために必要な施策に関する 305項目 (その後整理されて 282項目) について,具体的な指令と,そのタイムスケジュールとを明示した。この指令は閣僚理事会・ヨーロッパ議会で審議・検討されて発勃し,加盟国の国内法規が改正されることにより,法的根拠を持つにいたった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の域内市場白書の言及

【ヨーロッパ連合】より

… ヨーロッパ委員会は,経済を立て直す手段の一つとして域内市場を構築することを提案し,〈単一ヨーロッパ議定書〉で,域内市場を〈モノ,人,サービス,資本の自由な移動が保証された国境のない領域〉と定義するとともに,1992年12月31日までに完成させる目標を設定した。具体的な計画を提示したのが,1985年6月ミラノのヨーロッパ理事会で承認された〈域内市場白書〉であり,その狙いは,非関税障壁を除去して,自由な競争を導入し,3億2000万人のスケール・メリットが機能する大市場を形成することである。つまり,〈国境なきヨーロッパ〉を構築することによって,短期的にはコストの節約が生じ,中・長期的には大規模生産の利益,投資の活発化,技術進歩の促進によって経済成長を高めようとしている。…

※「域内市場白書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

域内市場白書の関連キーワードヨーロッパ通貨統合

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android