執持(読み)しつじ

精選版 日本国語大辞典の解説

しつ‐じ ‥ヂ【執持】

経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「人民を済ふの主義を執持する諸名士の」

しゅう‐じ シフヂ【執持】

〘名〙 しっかりとらえて、忘れないこと。心に保持すること。しつじ。しゅじ。
※教行信証(1224)六「経言執持、亦言一心
※三帖和讚(1248‐60頃)高僧「不退のくらゐすみやかに えんとおもはんひとはみな 恭敬の心に執持(シフヂ)して 彌陀の名号称ずべし」 〔阿彌陀経〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android