(読み)シツ

デジタル大辞泉の解説

しつ【執】[漢字項目]

常用漢字] [音]シツ(慣) シュウ(シフ)(呉)(漢) [訓]とる
〈シツ〉
手にとる。「執刀執筆
とり行う。「執行執政執務
とりついて離れない。「執拗(しつよう)確執固執
〈シュウ〉とりついて離れない。「執心執着執念我執固執偏執妄執
[名のり]もり

しゅう〔シフ〕【執】

物事を深く思い込んで、それにとらわれること。執着の心。執念。
「かかればこそは、何事にも―は留めじと思ふ世なれ」〈・横笛〉

しゅう【執】[漢字項目]

しつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅう【執】

物事に執着すること。 「身に官禄あらず、何に付けてか-を留めん/方丈記」

とる【執】

暦注の十二直の一。神仏祭祀・婚姻などに吉、移転・旅行に凶という日。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

執の関連情報