基礎法学(読み)きそほうがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実用法学に対して,少くとも直接的には法的な諸事象の純粋に理論的な認識解明を目的とする法学。理論法学ともいう。臨床医学に対する基礎医学という用語にならって第2次世界大戦後の日本で使われるようになった。法社会学法史学比較法学法哲学がこれに属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android