コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法哲学 ほうてつがくRechtsphilosophie; legal philosophy; jurisprudence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法哲学
ほうてつがく
Rechtsphilosophie; legal philosophy; jurisprudence

法に関する原理的・基本的問題を研究する学問分野。研究対象の面からいえば広義の法学の一分野であり,研究方法の面からみれば哲学の一特殊分野に属する学問。法律哲学法理学とも呼ばれる。ギリシア時代のソフィストたちに始り,19世紀のカントおよびヘーゲルの法哲学にいたるまでは,政治学,倫理学,哲学,神学の一分野とみなされていたが,ドイツの一般法学が転換の契機となり,法解釈学者が固有の法哲学の確立を目指した。 20世紀に入って新カント学派の R.シュタムラーの批判的法哲学が現代法哲学隆盛の先駆的役割を果し,現在では,哲学の動向に歩調を合せて多彩な様相を呈している。その主要な課題としては,法の概念規定,法学上の諸概念,諸原理の検討,法の理念,正義に関する考察 (法価値論) ,法学方法論などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほう‐てつがく〔ハフ‐〕【法哲学】

法の理想・理念・本質などを明らかにして、法の究極にあるものを考察する学問。法理学。法律哲学。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

法哲学【ほうてつがく】

法の本質・目的・理念や法学の方法などを考究する学問。法理学とも。正義とは何か,国家とは何か,悪法も法であるか,道徳と法,法と強制,自然法思想,法規範と事実の関係,法と言語などを対象とする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうてつがく【法哲学】

哲学(倫理学および社会哲学の一部を含む)と法学との双方にまたがる学科。〈法(律)哲学〉という表現はドイツ語のRechtsphilosophieに由来する。イギリスにおいては,19世紀中葉以来,法に関する理論的な研究がjurisprudence(〈法理学〉)という名称のもとに行われてきた。J.オースティンH.J.S.メーンを祖とする法理学の伝統は,アメリカにおいても,20世紀の初頭以来,R.パウンドなどによって受け継がれてきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうてつがく【法哲学】

法を対象とし、その本質や理念、また根拠や価値などを哲学的な方法や態度により原理的・根本的に研究する学問。法理学。法律哲学。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

法哲学の関連キーワードマイヤー(Max Ernst Mayer)ジョルジオ デル・ベッキョアルフレッド フォアドロスアルフレート フェルドロスマックス・E. マイヤーロナルド ドゥウォーキンルドルフ シュタムラー法哲学(学問分野)M.R. コーエンH. コーイングハンス ケルゼンオリーベクローナラートブルフ和田 小次郎ベルクボームウェルツェルオースティンラーレンツ加藤 新平三谷 隆正

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法哲学の関連情報