コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法哲学 ほうてつがく Rechtsphilosophie; legal philosophy; jurisprudence

5件 の用語解説(法哲学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法哲学
ほうてつがく
Rechtsphilosophie; legal philosophy; jurisprudence

法に関する原理的・基本的問題を研究する学問分野。研究対象の面からいえば広義の法学の一分野であり,研究方法の面からみれば哲学の一特殊分野に属する学問。法律哲学法理学とも呼ばれるギリシア時代のソフィストたちに始り,19世紀のカントおよびヘーゲルの法哲学にいたるまでは,政治学,倫理学,哲学,神学の一分野とみなされていたが,ドイツ一般法学が転換の契機となり,法解釈学者が固有の法哲学の確立を目指した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほう‐てつがく〔ハフ‐〕【法哲学】

法の理想・理念・本質などを明らかにして、法の究極にあるものを考察する学問。法理学。法律哲学。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

法哲学【ほうてつがく】

法の本質・目的・理念や法学の方法などを考究する学問。法理学とも。正義とは何か,国家とは何か,悪法も法であるか,道徳と法,法と強制,自然法思想,法規範と事実の関係,法と言語などを対象とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほうてつがく【法哲学】

哲学(倫理学および社会哲学の一部を含む)と法学との双方にまたがる学科。〈法(律)哲学〉という表現はドイツ語のRechtsphilosophieに由来する。イギリスにおいては,19世紀中葉以来,法に関する理論的な研究がjurisprudence(〈法理学〉)という名称のもとに行われてきた。J.オースティンH.J.S.メーンを祖とする法理学の伝統は,アメリカにおいても,20世紀の初頭以来,R.パウンドなどによって受け継がれてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほうてつがく【法哲学】

法を対象とし、その本質や理念、また根拠や価値などを哲学的な方法や態度により原理的・根本的に研究する学問。法理学。法律哲学。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法哲学の関連キーワード実践哲学デューイ道徳哲学理論哲学関西倫理学会日本医学哲学・倫理学会太田可夫《社会科学および社会政策的認識の客観性》《純粋現象学および現象学的哲学のための諸構想》《哲学および現象学研究年報》

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法哲学の関連情報