コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀井三友 ほりい さんゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀井三友 ほりい-さんゆう

1885-1942 昭和時代前期の郷土史家。
明治18年4月10日生まれ。南日恒太郎の甥(おい)。昭和6年富山郷土研究会をつくる。11年越中史蹟古美術調査会を組織し,県内各地を調査。高岡市の国分寺の地を越中国分寺跡と推定。40年県指定史跡となった。昭和17年5月31日死去。58歳。富山県出身。早大卒。著作に「国分寺址の研究」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

堀井三友の関連キーワードレジスタンス文学森一生ガダルカナルの戦い国際オリンピック委員会東条英機内閣リーンコロレンコチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東南アジア史(年表)農薬

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android