コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀利重 ほり とししげ

1件 の用語解説(堀利重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀利重 ほり-とししげ

1581-1638 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)9年生まれ。堀秀政(ひでまさ)の弟。徳川秀忠につかえる。慶長19年大久保忠隣(ただちか)の改易(かいえき)に連座,奥平家昌にあずけられる。大坂の陣の功により元和(げんな)8年常陸(ひたち)(茨城県)玉取藩主堀家初代となる。1万石。のち4000石加増。奏者番兼寺社奉行をつとめる。寛永15年4月24日死去。58歳。通称は左馬助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

堀利重の関連キーワード数学史整数論ガリレイ(年譜)真珠庵鷹筑波集新科学対話NPO阿賀川梅津政景日記和蘭

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone