堀利重(読み)ほり とししげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀利重 ほり-とししげ

1581-1638 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)9年生まれ。堀秀政(ひでまさ)の弟。徳川秀忠につかえる。慶長19年大久保忠隣(ただちか)の改易(かいえき)に連座,奥平家昌にあずけられる。大坂の陣の功により元和(げんな)8年常陸(ひたち)(茨城県)玉取藩主堀家初代となる。1万石。のち4000石加増。奏者番兼寺社奉行をつとめる。寛永15年4月24日死去。58歳。通称は左馬助

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android