コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥平家昌 おくだいら いえまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥平家昌 おくだいら-いえまさ

1577-1614 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)5年生まれ。奥平信昌の長男。母は徳川家康の長女亀姫。関ケ原の戦いに際し,徳川秀忠にしたがい信濃(しなの)(長野県)上田城を攻める。慶長6年下野(しもつけ)宇都宮藩主奥平家第1次初代。10万石。慶長19年10月10日死去。38歳。前名は家綱。通称は九八郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おくだいらいえまさ【奥平家昌】

1577‐1614(天正5‐慶長19)
江戸初期の譜代大名。奥平宇都宮藩初代藩主。奥平美作守信昌の嫡男。母は徳川家康の長女亀姫。通称九八郎。家綱とも名のる。1581年(天正9)家康の御前において元服。95年(文禄4)従五位下大膳大夫。1601年(慶長6)下野宇都宮10万石。【所 理喜夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

奥平家昌の関連キーワード奥平忠昌宇都宮城堀利重

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android