コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥平家昌 おくだいら いえまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥平家昌 おくだいら-いえまさ

1577-1614 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)5年生まれ。奥平信昌の長男。母は徳川家康の長女亀姫。関ケ原の戦いに際し,徳川秀忠にしたがい信濃(しなの)(長野県)上田城を攻める。慶長6年下野(しもつけ)宇都宮藩主奥平家第1次初代。10万石。慶長19年10月10日死去。38歳。前名は家綱。通称は九八郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おくだいらいえまさ【奥平家昌】

1577‐1614(天正5‐慶長19)
江戸初期の譜代大名。奥平宇都宮藩初代藩主。奥平美作守信昌の嫡男。母は徳川家康の長女亀姫。通称九八郎。家綱とも名のる。1581年(天正9)家康の御前において元服。95年(文禄4)従五位下大膳大夫。1601年(慶長6)下野宇都宮10万石。【所 理喜夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android