コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀尾秀斎 ほりお しゅうさい

1件 の用語解説(堀尾秀斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀尾秀斎 ほりお-しゅうさい

1714*-1794 江戸時代中期の儒者。
正徳(しょうとく)3年11月16日生まれ。尾張(おわり)(愛知県)の人。同国の小出侗斎(こいで-とうさい),須賀精斎(すが-せいさい)に儒学を,京都で玉木正英垂加神道をまなぶ。医学,国学にも通じ,美濃(みの)(岐阜県)高須藩の藩校日新堂で講義した。寛政6年1月7日死去。82歳。名は春芳。字(あざな)は秋実。別号に弘斎。著作に「名分大義説」「衣浦千鳥集(ころものうらちどりしゅう)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

堀尾秀斎の関連キーワードハノーバー朝アン奈良屋茂左衛門ジョージ[1世]アン葛飾北斎東洲斎写楽銃創瑣言東洲斎写楽スコットランド独立問題

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone