コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀尾秀斎 ほりお しゅうさい

1件 の用語解説(堀尾秀斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀尾秀斎 ほりお-しゅうさい

1714*-1794 江戸時代中期の儒者。
正徳(しょうとく)3年11月16日生まれ。尾張(おわり)(愛知県)の人。同国の小出侗斎(こいで-とうさい),須賀精斎(すが-せいさい)に儒学を,京都で玉木正英垂加神道をまなぶ。医学,国学にも通じ,美濃(みの)(岐阜県)高須藩の藩校日新堂で講義した。寛政6年1月7日死去。82歳。名は春芳。字(あざな)は秋実。別号に弘斎。著作に「名分大義説」「衣浦千鳥集(ころものうらちどりしゅう)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

堀尾秀斎の関連キーワード飯田雲台入江正雄植村棋園竹内長水滕元鳳二階堂慎叟丹羽雲気原雲沢山田静斎柚木知雄