コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小出侗斎 こいで とうさい

美術人名辞典の解説

小出侗斎

江戸中期の儒者。尾張生。小出蓬山の養子。通称は晦哲・治平、名は敬迓、字は若真・巌真。休斎は号。京都に出て浅見綱斎の門に学ぶ。のち名古屋藩儒臣となり、多数の門下生を教えた。著書に『朝鮮略説』がある。元文3年(1738)歿、72才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小出侗斎 こいで-とうさい

1666-1738 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文6年2月2日生まれ。小出蓬山(ほうざん)の養子。小出慎斎養父。京都で浅見絅斎(けいさい)に闇斎学をまなぶ。尾張(おわり)名古屋藩にかえり,須賀精斎,吉見幸和(よしみ-ゆきかず)らをおしえた。元文3年6月22日死去。73歳。名は晦哲,敬迓。字(あざな)は巌真。通称は治平。著作に「朝鮮略説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小出侗斎の関連キーワード中村習斎堀尾秀斎千村夢沢