コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須賀精斎 すが せいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須賀精斎 すが-せいさい

1688-1754 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)元年生まれ。尾張(おわり)(愛知県)の人。小出侗斎(どうさい),吉見幸和にまなび,私塾門弟におしえる。延享のころ名古屋藩につかえ,8代藩主徳川宗勝の侍講となった。宝暦4年10月20日死去。67歳。名は誼安。通称は吉平次。著作に「始学猫眼」,編著に「朱子策問」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

須賀精斎の関連キーワード須賀亮斎堀尾秀斎元禄儒者

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android