堀尾金助母(読み)ほりお きんすけの はは

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀尾金助母 ほりお-きんすけの-はは

?-1621 織豊-江戸時代前期の女性。
金助は武将堀尾吉晴の子(一説に吉晴の叔父の子)。天正(てんしょう)18年小田原攻めに出陣し,同年18歳で病死した金助の供養のため,翌年名古屋の裁断橋をかけかえる。さらに三十三回忌に改修して擬宝珠(ぎぼし)に由来をほり,母の思いを後世につたえた。元和(げんな)7年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android