コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀田瑞松 ほった ずいしょう

2件 の用語解説(堀田瑞松の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀田瑞松 ほった-ずいしょう

1837-1916 幕末-大正時代の彫刻家。
天保(てんぽう)8年4月12日生まれ。鞘塗師(さやぬりし)の子。唐木細工師島雪斎にまなぶ。木竹彫刻,とくに紫檀彫刻を得意とし,内国勧業博覧会などに出品して好評を博した。大正5年9月8日死去。80歳。但馬(たじま)(兵庫県),一説に越前(えちぜん)(福井県)出身。名は貞。別号に寸松。代表作に「楼閣山水紫檀額」(東京国立博物館)など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

堀田瑞松

没年:大正5.9.8(1916)
生年:天保8.4.12(1837.5.16)
幕末・明治大正期の木竹彫刻家。但馬国(兵庫県)城崎の人で名は貞。鞘塗師の家に生まれ,唐木細工の名手島雪斎に彫技を学ぶ。唐物風の木竹彫刻,なかでも紫檀彫刻に優れた技をふるい,明治10(1877)年の第1回,同14年の第2回内国勧業博覧会には,それぞれ紫檀書棚,紫檀二枚折屏風を出品して高い評価を受けた。今日まで伝わる作品は少ないが,その精緻な技巧の冴えは,代表作である「楼閣山水紫檀額」(東京国立博物館蔵)にうかがうことができる。<参考文献>東京国立近代美術館『木工芸』

(小松大秀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堀田瑞松の関連キーワード奥田勝武井直也米原雲海垂木竹彫刻家藤田文蔵池田謙三岡崎雪声後藤功祐下村清時

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堀田瑞松の関連情報