コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀貞道 ほり さだみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀貞道 ほり-さだみち

1844-1865* 幕末の武士。
弘化(こうか)元年生まれ。下野(しもつけ)宇都宮藩士。藩校修道館の句読師をつとめる。元治(げんじ)元年水戸の天狗(てんぐ)党の藤田小四郎らが宇都宮藩主に面会をもとめたとき,同志とともに実現させた。のち脱藩して天狗党に参加し,那珂湊(なかみなと)の戦いで捕らえられ,元治元年12月24日きられた。21歳。通称は豹吾。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

堀貞道の関連キーワード弘化

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android