コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布施無経 ふせないきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

布施無経
ふせないきょう

狂言の曲名。出家狂言無布施経とも記す。ある (シテ) が檀家で勤めを終えるが,いつも出る布施が出ない。いったんは帰るものの気になって立ち戻り,その家の主人になんとか思い出させようと「ふせ」の言葉を折込んだ説法をするが,それでも主人は気づいてくれない。僧は再び帰るが,あきらめきれずにまた戻り,袈裟を落して探すふりをし,袈裟のほころびを「伏せ縫い」にしてあるなどと言う。主人がやっと気づいて布施を出すが,僧はすぐさま受取ることもできず辞退するうちに,主人が僧のふところに布施を入れようとして隠してあった袈裟を見つける。動きは少く,僧の微妙な心の動きをほとんど独演で表現する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

布施無経の関連キーワード陸に居るすきと石の火子供衆狂言充満肝文

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

布施無経の関連情報