コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堅白論 けんぱくろんJiān bái lùn

世界大百科事典 第2版の解説

けんぱくろん【堅白論 Jiān bái lùn】

中国,戦国期の名家公孫竜の論理をいう。現在の《公孫竜子》によると,〈堅く,白い石〉は,手にふれて知る〈堅さ〉と目でみて知る〈白さ〉に分析でき,この二者は実在としてでなく〈石〉に内蔵され,ヒトの〈神〉によって知覚される〈石〉の属性である。1物体を2個の概念に分析して,個物の具体認識の方法を論じたことで,〈白馬非馬論〉とともに,のちに名家の二大詭弁とされた。荀子らの実念論に対し唯名論の立場にたつ,といいうる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の堅白論の言及

【公孫竜】より

…趙(山西省)の人で,平原君の食客となったが,斉の鄒衍(すうえん)のために退けられた。その著《公孫竜子》は6編だけ残存し,〈白馬論〉〈堅白論〉はとくに有名である。白馬は白と馬の2概念であり,馬は1概念であるから,白馬は馬と同じではない,のごとく説いた。…

※「堅白論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

堅白論の関連キーワード堅石白馬堅白同異正名論

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android