場所学習(読み)ばしょがくしゅう(英語表記)place learning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

場所学習
ばしょがくしゅう
place learning

目標地点が空間中のどこにあるかという空間的な関係を学習することをいう。認知論的な立場から学習に関する理論を構成しようとした E.C.トールマンの用語で,反応学習とは対蹠的な概念。迷路学習の場合を例にとれば,どの方角の通路をとれば目標に着くかを把握するにいたること (認知地図の獲得) が場所学習であるとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

場所学習の関連情報