コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塔寺八幡宮長帳 とうでらはちまんぐうながちょう

1件 の用語解説(塔寺八幡宮長帳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうでらはちまんぐうながちょう【塔寺八幡宮長帳】

1350年(正平5∥観応1)から1575年(天正3)にわたる塔寺八幡宮の年日記。8巻。福島県会津坂下町心清水(こころしみず)八幡神社蔵。重要文化財。全長397尺に及ぶ。年初八幡宮の神前に読誦する大般若経などの巻数,所役の覚えを記し,はり継いだもの。紙背には1355年(正平10∥文和4)ころから1635年(寛永12)までの八幡宮に関する記事をはじめ,会津および諸国のできごとを記しており,会津,奥羽の中世の政治社会および災異に関する貴重な資料。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塔寺八幡宮長帳の関連キーワード高師冬観応安宅頼藤義南玄路統玄佐波善四郎曾我師助淡輪助重藤原有範無夢一清

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone