コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塔寺八幡宮長帳 とうでらはちまんぐうながちょう

世界大百科事典 第2版の解説

とうでらはちまんぐうながちょう【塔寺八幡宮長帳】

1350年(正平5∥観応1)から1575年(天正3)にわたる塔寺八幡宮の年日記。8巻。福島県会津坂下町心清水(こころしみず)八幡神社蔵。重要文化財。全長397尺に及ぶ。年初八幡宮の神前に読誦する大般若経などの巻数所役の覚えを記し,はり継いだもの。紙背には1355年(正平10∥文和4)ころから1635年(寛永12)までの八幡宮に関する記事をはじめ,会津および諸国のできごとを記しており,会津,奥羽中世の政治社会および災異に関する貴重な資料。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

塔寺八幡宮長帳の関連キーワード会津坂下(町)是沢 恭三塔寺

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android