コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釈文 しゃくもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釈文
しゃくもん

盲僧琵琶の曲種名。とは「経論の解釈」の意。これを自由な散文体とし,琵琶の弾奏を伴って比喩的に語る語り物の一種。大道芸能的な性格をもつ。鹿児島県中島常楽院の妙音十二楽では 12の釈文が対応していたが,今日では「打撒 (うちまき) 」「年号」「神渡 (わたまし) 」「妙音の巻」「琵琶の釈」「釈迦の段」の6曲を用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃく‐もん【釈文】

仏教の経論を解釈した文句。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃくもん【釈文】

仏教の経論を解釈した文句。
読みにくい筆跡や漢文を、読みやすい字体・文体に直したもの。しゃくぶん。 「金石-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

釈文の関連キーワード江陵鳳凰山漢墓阿毘達磨倶舎論ダンマパーラ十三経注疏大乗起信論荒神祓い古京遺文パーリ語礼部韻略学校文法西清古鑑淳化閣帖盲僧琵琶広開土王七支刀陸徳明訓詁学盧文弨正文金石

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android