コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釈文 しゃくもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釈文
しゃくもん

盲僧琵琶の曲種名。とは「経論の解釈」の意。これを自由な散文体とし,琵琶の弾奏を伴って比喩的に語る語り物の一種。大道芸能的な性格をもつ。鹿児島県中島常楽院の妙音十二楽では 12の釈文が対応していたが,今日では「打撒 (うちまき) 」「年号」「神渡 (わたまし) 」「妙音の巻」「琵琶の釈」「釈迦の段」の6曲を用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゃくもん【釈文】

仏教の経論を解釈した文句。
読みにくい筆跡や漢文を、読みやすい字体・文体に直したもの。しゃくぶん。 「金石-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android