釈文(読み)しゃくもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「釈文」の解説

釈文
しゃくもん

盲僧琵琶の曲種名。釈とは「経論解釈」の。これを自由な散文体とし,琵琶弾奏を伴って比喩的に語る語り物の一種大道芸能的な性格をもつ。鹿児島県中島常楽院の妙音十二楽では 12の釈文が対応していたが,今日では「打撒 (うちまき) 」「年号」「神渡 (わたまし) 」「妙音の」「琵琶の釈」「釈迦」の6曲を用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「釈文」の解説

しゃく‐ぶん【釈文】

〘名〙
① 篆文(てんぶん)、または草行体の文を通行の文字に書き改めること。また、そのもの。しゃくもん
※本朝無題詩(1162‐64頃)一〇・冬日遊円融寺〈輔仁親王〉「只有上人頭似雪 釈文誰不疑関

しゃく‐もん【釈文】

〘名〙
① 仏語。仏教の経論を解釈した文句
法華義疏(7C前)一「釈文亦微細煩広。但愚心及」
※幸若・笛巻(室町末‐近世初)「故に釈文にも、荊楊往復途将万里ととかれたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android