コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塔状雲 トウジョウウン

4件 の用語解説(塔状雲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とうじょう‐うん〔タフジヤウ‐〕【塔状雲】

雲の上部が塔のように上方に向かって発達した雲。城壁の塔のように見える。高積雲層積雲などに現れる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

塔状雲【とうじょううん】

垂直方向に高く発達した積雲のこと。上層の風が弱いときに現れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

とうじょううん【塔状雲】

垂直方向に塔状に発達した積雲の一種。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塔状雲
とうじょううん

雲の国際分類表のなかの種の一つ。雲の頂部がカリフラワーのようにむくむくと上空に向かって発達し、塔状を呈している。積雲、高積雲、層積雲、巻積(けんせき)雲、巻雲などにみられ、塔状巻積雲というように表す。塔状になるのは、大気の安定度が悪く積雲対流が発達するためである。[木村龍治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の塔状雲の言及

【雲】より

… 断片雲一様に広がらずに断片的に広がっている層雲や積雲を指していう。 塔状雲雲の上部に丸いこぶや小さな塔の形をして多く並び,ちょうど城壁の塔のように見えるのでこの名がある。共通の雲底でつながって線状に並んでいる。…

※「塔状雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塔状雲の関連キーワード雲の扇虹梁鼻鳥雲猪勇鴟の尾琴ピラミッド形遥拝天に向かって唾を吐く虹に向かって走れ入れ技

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone