コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塚田与右衛門 つかだ よえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塚田与右衛門 つかだ-よえもん

1715-1810 江戸時代中期-後期の養蚕家。
正徳(しょうとく)5年3月生まれ。信濃(しなの)(長野県)の人。蚕種の販売,養蚕の研究・改良をおこない,宝暦7年「養蚕秘書」をあらわした。文化7年1月死去。96歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

塚田与右衛門

没年:文化7.1(1810)
生年:正徳5.3(1715)
江戸中・後期の蚕種商人。信濃国小県郡上塩尻村(長野県上田市)の養蚕農家に生まれる。長年,奥州から蚕種を仕入れて各地に販売するかたわら,自ら養蚕を行って養蚕の術をきわめた。これを『新撰養蚕秘書』(1757),『養蚕後篇』という養蚕書にしたため,後者は明治27(1894)年にいたり『訂正養蚕秘書』として刊行された。これらは,信州上田周辺で行われていた,蚕の飼育中に火力をあまり使用しない 涼飼(清涼育)を強調している点が特徴である。何回もの失敗を重ね,その経験の中から多くを学んだという。また幼いころから学問を好んで誹諧を嗜むという一面もあった。<著作>『新撰養蚕秘書』(『復刻日本科学古典全書』8巻),『訂正養蚕秘書』(『蚕桑古典集成』)<参考文献>奥原国雄『本邦蚕書に関する研究』

(松村敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

塚田与右衛門の関連キーワードルイルイルイ王朝様式クライストディナールイ[14世]ロココ美術ナティエ森川許六ルイ14世