塩ざけ(読み)しおざけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩ざけ
しおざけ

サケの塩蔵品。塩引きと新巻(あらまき)に分けられる。塩引きはカラフトマス、サクラマス、シロザケなどを用い、散塩(ふりじお)漬けする古くからある方法。すなわち、サケの内臓を除き水洗(すいせん)、水切り後、腹腔(ふくこう)やえらに食塩を詰め、莚(むしろ)の上に並べ、合い塩をしながら山積みにし、莚で覆い数日置く。食塩の添加量はサケの35~38%になり、切り身中の食塩量も8%ぐらいとなるので保存性はあるが塩辛く、消費者の好みにあわない。新巻はシロザケ、ベニザケ、マスノスケなどを用いる。タンクに軽く塩をふったサケを詰め、さらに飽和食塩水を加えて1~2日置き、水切り後、腹に食塩を塗り付け箱詰めにする。使用食塩量は15%程度。切り身の食塩量は6%以下なので保存性がなく、冷蔵庫に貯蔵する。沖でとれた銀白色のものや産卵のため沿岸に寄ってきたばかりの婚姻色の薄いものがうまく、川に入り、婚姻色の強く出たものはまずい。[金田尚志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android