塩化インジウム(読み)エンカインジウム

化学辞典 第2版の解説

塩化インジウム
エンカインジウム
indium chloride

】塩化インジウム(Ⅰ):InCl(150.27).一塩化インジウムともいう.インジウムと塩化水素を加熱して得られる.黄色,赤色の固体があり,後者が高温で安定である.転移温度120 ℃.融点225 ℃.水によりInCl3とInに分解する.[CAS 13465-10-6]【】塩化インジウム(Ⅲ):InCl3(221.18).三塩化インジウムともいう.インジウムと塩素を加熱すると得られる.無色の結晶.融点586 ℃.水に易溶.水溶液から四水和物と五水和物の結晶が得られている.三価の化合物は固体も水溶液も安定である.
ほかにInCl2,In2Cl3,In4Cl5,In4Cl7などがあるが,これらは Inと Inの混合物と考えられている.電解めっき,透明導電膜の製造,パッチテスト試薬などに用いられる.111InCl3は放射性医薬品として用いられる.[CAS 10025-85-8:InCl3][CAS 22519-64-8:InCl3・4H2O]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android