塩化ケイ素(読み)エンカケイソ

化学辞典 第2版の解説

塩化ケイ素
エンカケイソ
silicon chloride

SiCl4,Si2Cl6がもっとも普通の化合物.そのほかSi3Cl8,Si4Cl10,Si5Cl12などが知られている.ケイ素と塩素を加熱して反応させるか,ケイ化カルシウムに塩素ガスを作用させてつくる.

CaSi + 2Cl2 = SiCl4 + Ca

容易に加水分解し,シラノールジシロキサンポリシロキサンを生じる.エタノール,フェノールと反応してケイ酸エステルを生じる.ケイ素,オルガノシラン,ケイ酸エステル,有機ケイ素化合物の製造原料として重要である.【四塩化ケイ素:SiCl4[CAS 10026-04-7]【】六塩化二ケイ素:Si2Cl6(268.89).融点-1 ℃,沸点145 ℃.六フッ化二ケイ素の製造,シリコン窒化膜の製造などに用いられる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android