コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四塩化珪素 シエンカケイソ

2件 の用語解説(四塩化珪素の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しえんか‐けいそ〔シエンクワ‐〕【四塩化×珪素】

炭化珪素または二酸化珪素炭素混合物塩素気流中で熱して得られる無色の液体。空気中の湿気で発煙する。有機珪素化合物シリコーン樹脂の原料。化学式SiCl4

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しえんかけいそ【四塩化珪素】

無色で発煙性・刺激臭をもつ液体。化学式 SiCl4 塩素中でケイ素を加熱したり、二酸化ケイ素をホスゲンと反応させたりしてつくる。アンモニアと混ぜて煙幕として使用。純粋なケイ素やケイ素樹脂の原料。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone