塩化ビスマス(Ⅲ)(読み)エンカビスマス

化学辞典 第2版の解説

塩化ビスマス(Ⅲ)
エンカビスマス
bismuth(Ⅲ) chloride

BiCl3(315.34).三塩化ビスマスともいう.金属ビスマスに塩素を通じて加熱すると得られる.白色の固体.融点230 ℃,沸点447 ℃.密度4.75 g cm-3.光分解しやすい.潮解性で,水には加水分解をうけ難溶性の塩化酸化ビスマスBiClOを生じる.濃い塩酸に溶け,テトラクロロビスマス(Ⅲ)酸イオンとなる.有機合成の触媒,塩素化剤,ビスマス(Ⅲ)塩の製造,医薬品(収れん剤)などに用いられる.[CAS 7787-60-2]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android