コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼岳 おんだけ

2件 の用語解説(鬼岳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おんだけ【鬼岳】

長崎県五島列島福江島東部にある砕屑(さいせつ)丘。標高315m。山体の比高約200m,基底直径は1km余りで,山頂には北へ開いた直径数百mの火口があり,山体の大きさに対して火口の割合が大きく,臼状火山の例として有名。山体斜面はおもに草地となり,外側斜面には浅い放射谷が発達している。島東端の半島部を構成する標高百数十m以下のなだらかな溶岩原(楯状火山)の上にのっており,近隣にある火岳,箕岳,臼岳などの小山体も同じ溶岩原上に生じた砕屑丘である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鬼岳
おんだけ

長崎県五島(ごとう)列島福江(ふくえ)島の南東端にある火山。五島市に属する。「おにだけ」ともいいう。福江港の南に広がる溶岩台地上に噴出したホマーテ(臼状(きゅうじょう)火山)で、標高315メートル。付近に火ノ岳(315メートル)、中岳(251メートル)が群がっている。これを鬼岳臼状火山群と称している。三者の中間に五島ゴルフ場が設けられ、北西麓(ろく)の溶岩台地(70メートル)上には福江空港が開かれている。東麓の崎山(さきやま)地区には、溶岩台地(20メートル)上に箕(み)岳(144メートル)、臼(うす)岳(125メートル)などの小型ホマーテ群がみられる。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鬼岳の関連キーワード五島列島値嘉島父島列島福江福江島五島五島鯣五島ばらもん市五島盛徳五島盛運

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鬼岳の関連情報