塩化ベリリウム(読み)えんかベリリウム(英語表記)beryllium chloride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩化ベリリウム
えんかベリリウム
beryllium chloride

化学式 BeCl2 。無色ないし淡黄色の潮解性結晶。融点 405℃,沸点 520℃。水によく溶け発熱する。水溶液は強い酸性。アルコール,ベンゼン,エーテル,二硫化炭素に可溶。4水和物 BeCl2・4H2O は単斜晶系,潮解性の板状晶。ベリリウム金属の製造に用いられる。体中に入ると猛毒。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版の解説

塩化ベリリウム
エンカベリリウム
beryllium chloride

BeCl2(79.92).酸化ベリリウムと炭素の混合物を900 ℃ に加熱して塩素ガスを通じると無水物が得られる.無色の単斜晶系結晶.密度1.89 g cm-3.融点440 ℃,沸点547 ℃.熱を発生して水に易溶.水溶液から四水和物が得られる.エタノール,エーテルにも可溶.重合しやすく,気体中でも一部はBe2Cl4となっている.AlCl3に似た点が多く,フリーデル-クラフツ反応の触媒となる.融解塩電解によるベリリウム金属製造の原料として用いられる.有毒.[CAS 007787-47-5]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android