コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩化ベンザル えんかベンザルbenzal chloride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩化ベンザル
えんかベンザル
benzal chloride

化学式 C6H5・CHCl2 。沸点 205℃の無色液体。トルエンの光塩素化で生成する。水に不溶,エチルアルコールエーテルに可溶。アルカリや濃硫酸の作用でベンズアルデヒドになる。ベンズアルデヒド,ケイ皮酸などの原料である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんかベンザル【塩化ベンザル benzal chloride】

塩化ベンジリデンbenzylidene chloride,α,α′‐ジクロロトルエンなどともいう。刺激性,催涙性のある無色の液体。湿気の多い空気中では白煙を生じる。融点-16.2~-16℃,沸点205.15℃,比重1.26。水に不溶,アルコール,エーテルに可溶。トルエンの塩素化により得られる。アルカリや濃硫酸と反応してベンズアルデヒドになる。ベンズアルデヒドの製造原料などとして用いられる。【村井 真二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塩化ベンザルの関連キーワードトリフェニルメチルラシッヒ法ホスフィンケチルアゾ化合物カルボニウムイオンジチゾンチオフェノールトリフェニルクロロメタントリフェニルメタノール

塩化ベンザルの関連情報