コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩吹臼 しおふきうす

3件 の用語解説(塩吹臼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩吹臼
しおふきうす

日本の民話。海の水がなぜ塩辛いのかという素朴な疑問を,巧みに因果応報の物語と結びつけた起源説話の一つ。貧しい弟が年越しもできず,長者の兄のところへ米を借りに行くが,欲張りな兄はばかにして追返す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

塩吹臼【しおふきうす】

日本の昔話。情深い兄が思いのままの物が出てくる臼をもらう。欲深い弟がそれを奪って舟で逃げ,臼をひいて塩を出すが,止め方を知らないので塩が舟にあふれて沈没。今も海底で臼が回り続けているので海の水はからいという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しおふきうす【塩吹臼】

昔話。海の水の塩辛い理由を説く物語。むかし,兄弟があった。ある正月弟が兄から魚をもらって帰ってくると,途中で老人が石臼と魚を交換しようという。それは望みの品物が出る宝の石臼である。弟は宝の石臼を得て幸運を約束される。それをうらやむ兄は,石臼を奪い海上に出て,呪文を唱えて塩を出す。しかし石臼を止める呪文を知らなかったので,止まることなく塩が出て兄は石臼とともに海中に没する。石臼は今も海底で塩を吹き出すので海水は塩辛い,と語る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

塩吹臼の関連キーワード機に因りて法を説く塩辛い痴人の前に夢を説く昔物語日本五大昔話いか塩辛の日からすぐわあアミの塩辛赤作り白作り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone