塩焼き衣(読み)シオヤキギヌ

デジタル大辞泉の解説

しおやき‐ぎぬ〔しほやき‐〕【塩焼き衣】

塩を作る人が着る粗末な衣服。しおやきごろも。
「須磨の海人(あま)の―のなれなばか一日(ひとひ)も君を忘れて思はむ」〈・九四七〉

しおやき‐ごろも〔しほやき‐〕【塩焼き衣】

しおやきぎぬ」に同じ。
「志賀の海人(あま)の―なれぬれど恋といふものは忘れかねつも」〈・二六二二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しおやきぎぬ【塩焼き衣】

塩焼きをする人が着る粗末な着物。しおやきごろも。 「 -の、あまり目なれ、見だてなくおぼさるるにや/源氏 朝顔

しおやきごろも【塩焼き衣】

しおやきぎぬ(塩焼衣)」に同じ。 「志賀の海人あまの-なれぬれど/万葉集 2622

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android