コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間遠 マドオ

デジタル大辞泉の解説

ま‐どお〔‐どほ〕【間遠】

[形動][文][ナリ]
間隔が、時間的または空間的に離れているさま。「いつしか行き来も間遠になった」
「―に立っている七、八軒の家の前を」〈露伴・観画談〉
織り目や編み目、結び目が粗いさま。
「須磨のあまの塩焼衣をさを荒み―にあれや君が来まさぬ」〈古今・恋五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あいどお【間遠】

( 形動ナリ )
時間的・空間的に間隔が広くあいているさま。まどお。 「将軍の陣あらけ靡なびいて後ろの御方-に成りければ/太平記 32

まどお【間遠】

( 形動 ) [文] ナリ 
繰り返されることの間隔が長いさま。間があくさま。 「親戚との行き来が-になる」
間が離れているさま。遠いさま。 「壁の中の蟋蟀だに-に聞きならひ給へる御耳に/源氏 夕顔
目の粗いさま。 「須磨の海士の-の衣/新勅撰 秋上
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

間遠の関連キーワードおもな慣用句足が遠のくタンパク質暑る・熱る大路一遵沈降平衡阿倍広庭聞き習ふ芝翫下駄万葉植物薄ら衣太平記目離る夜離る七里渡蟋蟀藤衣フジ離る

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間遠の関連情報