コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩煎餅 シオセンベイ

デジタル大辞泉の解説

しお‐せんべい〔しほ‐〕【塩煎餅】

菓子の一。うるち米の粉をこねて蒸し、餅のようにつき、平たくして型ぬきしてから乾燥させ、醤油をつけて焼いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩煎餅
しおせんべい

煎餅の一種。粳米粉(うるちごめこ)をこねて蒸し、餅(もち)のように搗(つ)いて薄くのし、丸く打ち抜いた生地を乾燥させてから、しょうゆでつけ焼きした煎餅。塩煎餅の代表に草加(そうか)煎餅がある。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

塩煎餅の関連キーワード甘辛煎餅・甘辛煎餠甘辛煎餅茶漬け駄菓子史生新粉湿る米菓

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android