コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粳米 うるちまい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粳米
うるちまい

用として使われる普通のもち米に対して用いられる言葉。もち米との大きな違いは米デンプンの成分で,もち米はほとんどがアミロペクチンであるが,はアミロース 20%,アミロペクチン 80%の割合である。炊飯時の粘度に差があるのはこのためである。飛鳥,奈良時代にはすでに栽培されていたとされ,平安時代には数種の品種も成立し,鎌倉時代中期頃には陸稲も栽培されていたとされる。水稲作付け面積の 95%は粳である。米飯以外にも味噌,酒,菓子原料などに利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

こうべい【粳米】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。粳(うるち)米玄米のこと。健胃滋養強壮などの作用がある。気管支炎気管支喘息(ぜんそく)に効く麦門冬湯(ばくもんどうとう)熱中症糖尿病に効く白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粳米
うるちまい

普通に炊飯してご飯として食べる米を、餅(もち)やおこわにする糯米(もちごめ)と区別して粳米という。両者はデンプンの組成が違い、糯米デンプンが分岐鎖分子のアミロペクチンのみからなるのに対し、粳米のデンプンはアミロペクチンと直鎖分子のアミロースの両方を含んでいる。国産米の90%以上は粳米であり、飯米のほか、酒やみその原料、そのほか上新粉(じょうしんこ)、煎餅(せんべい)、団子など各種菓子の原料にも用いられる。[不破英次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

粳米 (ウルゴメ・ウルチゴメ)

植物。粳種の稲または粟の別称。ウルシネの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

粳米の関連キーワードビーフン(米粉)強飯(こわめし)牡丹餅・牡丹餠ジャポニカ米プロラミン自主流通米きりたんぽイネ(稲)ヤクチュ朝鮮料理中国野菜ういろう唐果物笹団子ぼた餅志ぐれ唐菓子餅菓子徳用米飛竜頭

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android