草加(読み)そうか

精選版 日本国語大辞典「草加」の解説

そうか サウカ【草加】

埼玉県南東部の地名。綾瀬川の流域にあり、江戸時代は奥州街道千住と越谷との間の宿駅として発達。せんべいの産地として知られ、皮革、染色、紙・パルプの工業が盛ん。東武鉄道伊勢崎線が通じ、住宅都市としても急速に発展。昭和三三年(一九五八)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android