コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩素中毒 えんそちゅうどくchlorine poisoning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩素中毒
えんそちゅうどく
chlorine poisoning

塩素ガスは毒性が強く,0.01‰で特有の塩素臭を発し,濃度1‰のガスを5分間吸入すると死亡するほどである。中毒症状はまず,のどや気管の痛みと筋肉のけいれんを起す。流涙,くしゃみ,咳,のどの灼熱感が起り,0.1~1.0‰の濃度では肺水腫を起して,呼吸困難,窒息感をきたす。呼吸や脈拍が増加し,ついには虚脱に陥る。高濃度では昏睡から死にいたる。応急処置は,ただちに換気し,酸素吸入,水蒸気吸入を行い,肺水腫には瀉血強心剤を使用し,水分欠乏には輸液を行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

塩素中毒の関連キーワード塩素

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android