塩素中毒(読み)えんそちゅうどく(英語表記)chlorine poisoning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩素中毒
えんそちゅうどく
chlorine poisoning

塩素ガスは毒性が強く,0.01‰で特有の塩素臭を発し,濃度1‰のガスを5分間吸入すると死亡するほどである。中毒症状はまず,のどや気管の痛みと筋肉のけいれんを起す。流涙,くしゃみ,咳,のどの灼熱感が起り,0.1~1.0‰の濃度では肺水腫を起して,呼吸困難,窒息感をきたす。呼吸や脈拍が増加し,ついには虚脱に陥る。高濃度では昏睡から死にいたる。応急処置は,ただちに換気し,酸素吸入,水蒸気吸入を行い,肺水腫には瀉血強心剤を使用し,水分欠乏には輸液を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android