コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩見小堂 しおみ しょうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塩見小堂 しおみ-しょうどう

1832-1870 幕末-明治時代の製砲家。
天保(てんぽう)3年生まれ。備前(岡山県)の人。各地を遊歴して文武両道をおさめる。のち帰郷し,備前岡山藩の呼びかけで,元治(げんじ)元年(1864)大工棟梁(とうりょう)の尾関滝右衛門とともに大多羅村(岡山市)に反射炉をきずく。十数門の大砲を鋳造したが,試射に失敗した。明治3年7月15日死去。39歳。名は順。字(あざな)は士恒。通称は常蔵

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

塩見小堂の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android