コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩谷良翰 しおのや りょうかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塩谷良翰 しおのや-りょうかん

1835-1923 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)6年7月生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩士。慶応4年藩論を尊王にまとめ,幕府軍の大鳥圭介とたたかう。のち大村益次郎に属し,古河(こが),結城(ゆうき),宇都宮の諸藩を説き尊王方とする。登米県(宮城県)大参事などを歴任後,銀行業につく。大正12年10月10日死去。89歳。通称は甲介。号は謙堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

塩谷良翰の関連キーワード明治時代官吏

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android