コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩谷良翰 しおのや りょうかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塩谷良翰 しおのや-りょうかん

1835-1923 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)6年7月生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩士。慶応4年藩論を尊王にまとめ,幕府軍の大鳥圭介とたたかう。のち大村益次郎に属し,古河(こが),結城(ゆうき),宇都宮の諸藩を説き尊王方とする。登米県(宮城県)大参事などを歴任後,銀行業につく。大正12年10月10日死去。89歳。通称は甲介。号は謙堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

塩谷良翰の関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助バルザックポー(Edgar Allan Poe)村田実サルスエラフランツシャノアーヌズーフ