コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩酸エタンブトール えんさんエタンブトールethambutol hydrochloride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩酸エタンブトール
えんさんエタンブトール
ethambutol hydrochloride

結核菌に抗菌力を示す合成された化学療法剤で,第2次抗結核剤である。4つの光学異性体があり,現在使用されているのは最も強い抗菌力を有する d型で,d型は l型の 200倍効力が強い。抗結核菌作用はイソニアジドストレプトマイシンの中間に位する。作用機序は明らかでないが,菌のグリセリン代謝と蛋白合成阻害によるといわれている。臨床的に単独使用では耐性の獲得が速いので,他の抗結核剤と併用される。消化管からの吸収がよく,24時間以内に尿中に排泄される。副作用には視野狭窄視神経炎などの眼障害があり,重篤な場合は不可逆的となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone