コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗結核剤 こうけっかくざいtuberculostat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抗結核剤
こうけっかくざい
tuberculostat

結核に対する治療剤。ストレプトマイシンに始り,PAS,チビオン,イソニアジドサイクロセリンカナマイシンエチオナミドエタンブトールなどが開発された。 1971年9月からリファンピシンも薬価基準ならびに結核予防法医療基準に収載された。いずれも併用されることが多く,また耐性の発現によって処方が変更される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうけっかく‐ざい〔カウケツカク‐〕【抗結核剤】

結核の化学療法として用いられる薬剤。ストレプトマイシン・パス・カナマイシンなど。抗結核薬。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

抗結核剤の関連キーワードパス(パラアミノサリチル酸)塩酸エタンブトール非結核性抗酸菌症アミノフェノールアミノサリチル酸再生不良性貧血ビタミン欠乏症プロチオナミド精巣上体結核ヒドラジド虚脱療法皮膚結核性器結核菌交代症肺感染症対症療法喉頭結核ドマーク股関節炎ピラジン

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android