コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩類土 えんるいどsaline soil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩類土
えんるいど
saline soil

乾燥地域内の局地的凹地で起った塩類化作用により,可溶性塩分が多量に集積した土壌型をいう。間帯土壌の一つ。湿潤地域では降雨と排水によって土壌からすみやかに流亡する。塩類土にはナトリウム塩類が塩化ナトリウム硫酸ナトリウムなどの形で表層近くに集積している。浅い地下水面から毛管水の上昇によって地表まで運ばれた塩分が,白斑または白色皮殻をつくり,植物はほとんど生育できないので腐植の蓄積がみられない。旧ソ連地域でソロンチャク,アメリカで白色アルカリ土と呼ぶ土壌にあたる。ただしアルカリ性は pH8.5以下であまり強くない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

塩類土の関連キーワードクラスティング土壌アルカリ性土壌ドクチャーエフ山東(省)ナイル川塩類土壌雨量因子乾性土壌砂漠土鄭州利津

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android